ある自然療法セラピストの独り言

結musubiの店主が実体験をもとにご提案する体と心と魂のための健康のアレコレ。

facebookページでも随時情報発信しています。 https://www.facebook.com/sizenryouhou.musubi/

「正しさ」と「幸せ」は、必ずしも両立しない

「正しさ」と「幸せ」は、必ずしも両立しない…。

つくづく、そう思います。

昔、あるクライアントがこんなふうにおっしゃていました。

...

「私は、生活リズムもちゃんと気を付けているし、
食事も玄米菜食、運動も適度にやっています。

他人を傷つけないよう、心配りは欠かさないし…、
私のどこが、間違っているのでしょうか。
なぜ私が、こんな病気にならなければならないのでしょうか」

この女性は、まだ30代前半で、
緑内障胃潰瘍を患っていらっしゃいました。

病院に行くことをできるだけ避けようとして、
ぎりぎりまで、胃の痛みに耐えるので、
胃潰瘍も繰り返し起こしている、とのことでした。

僕のところへ相談にいらっしゃったのも、
僕が「自然治癒力」をキーワードにしているから。

でもまさか、当の僕から、ちゃんと病院に行くことを
薦められるとは思ってもみなかったようです。

「なぜですか?むやみに薬を飲んだり、胃カメラなんかで
胃壁を傷つけたりしたくはないんです…

人間は、自然治癒力を持っているのでしょう?
だったら病院には最低限の検査だけを受けるだけで
いいじゃないですか」

※ ※ ※

…たしかに、一理あります。

でもね、あなたのその行動の根拠はどこから?
ということが大切なのです。

病院に行くことは、間違っている!と考えての行動なら、
それは、正しいか、間違いか、を根拠にしている。

これは、この女性にとっての
【正しさの証明行動】のようになっていて、

カラダに必要か、必要でないか、
という視点が、すっぽり抜け落ちているのです。

せっかくの玄米も菜食も、そして適度な運動も、
正しいか正しくないかでやっていると、
逆に、肉や脂を食べてしまった時、
必要以上に自分を責めてしまうことにもなりかねない。

「会社の忘年会で、食べ過ぎたことが原因だと思うんです。
やっぱりアレでしょ。ああいう場で、私だけ豆腐や野菜を
食べてばかりというわけにはいかないから…」

「そうですね、…で、その時のお肉はおいしかったですか?」

「え?おいしかったか、なんて、そんなの考えませんよ」

「なぜ?」

「なぜって……。」

「食事は口とおなかも使いますからね。
頭で食事ばかりしていたら、なんだかほら、
おいしいって気持ちも薄れるでしょ」

「でも、肉ばかり食べて、人を批判したり、
攻撃的になったりしたくないんです」

「え?肉ばかり食べると、そうなるんですか?」

「いえ、○○という本にそう書いてあったので…」

「ああ、その本なら僕も読みましたよ。たしか、
その本には、『そういう傾向がみられる』というふうに
書いてありました。でも、それがあなたにもばっちり
当てはまるとは、限らないですよね」

「…。」

※ ※ ※

結局、この女性の主張は、

正しく生きている私がこんなに病気に苦しんで、
どうして悪徳政治家や、不真面目に生きている輩が、
のうのうと健康でいられるのか…
世の中、不公平じゃないですか、

というものでした。

正しく生きているのに、幸せになれない…
どうして…?

うーむ、

なるほど難しいテーゼです。

でも、自分の生き方に「正しさ」ばかり課していると、
それを証明しようと、カラダには無理に力が入るし、
他人の間違いにも、寛容になれないですね。

寛容になれないでいると、なんだか
周囲がストレスだらけになってしまいます。

この女性…、

他人を批判したくなくて肉食を避けてきたのに、
いま自分が話していることが、他人や周囲の批判ばかりだ、
ということに気づいて、「はっ」としたようでした。

「病院に行くことも、自然治癒力を引き出すことも、
あなたにとって、あなたが幸せになるための方法ですよね」

「はい…」

※ ※ ※

正しいことは、もちろん大切だけど、
それに縛られて、すぐ足元に落ちている「幸せ」に
気づけないなら、その『正しさ』も、あなたにとっては
ストレスなのかも…。

そのストレスで病気になってしまっては、
元も子もないですよね。

あなたの『正しさ』が、
あなたの『幸せ』を邪魔をしているようなら、
そこはやっぱり、断捨離が必要。

あなたが、ごきげんでいることが、
何よりも、優先されることなのですから。

※ ※ ※

PS
現代医学のカラダ観?伝統医療カラダ観?
どちらが正しいかなんてありません。
この両方を統合することで現代人の新しいカラダ観を創造します。

ーーーーーーーーーーー

おのころ心平さんの記事から。

体に良いことしようとすると一度ははまる正しさとの葛藤。
正しいことだけを追求すると
私は間違ってないのに!って傲慢になってしまうのです。

バッチ博士によれば傲慢もまた病の原因の1つなんです。

苦しいとき、病が癒えないときは
今の考え方を見直すときですよ(*^^*)

人は菌によって生かされています!

 

 

人間の体は細胞の数以上の細菌類によって守られています。

 

例えば、
腸内フローラ、口腔フローラ、皮膚に住む常在菌etc。
特に腸内細菌は総重量が1.5kgもあるのだそう。

医薬品の開発過程で実験のため
無菌のマウスを使用することがあり
そのマウスは一切の細菌に感染していない状態なのですが、
寿命が通常3年あるところ、わずか2週間程度しか
生きられないのだそう。

 

人に例えるなら90歳の寿命が、
細菌類を体から一掃すると

わずか1年ちょっとで寿命が尽きることに!

身体に一緒に住んでいる細菌、常在菌たちが
いかに私たち人間にとっての生命活動に関わっているか
ということが良くわかるかと思います。

 

CMをみれば
除菌だの殺菌だの抗菌だのと
様々な商品にこの言葉が並び、
それを良いことだと購入し、生活に取り入れる方も
多いと思います。菌を殺すことが清潔という構図になっています。


確かに昔は感染症の問題が人の生死にかかわる時代がありました。
しかし、衛生状態が著しく改善された現代で
必要以上に清潔を求めることが果たして本当に
良い事なのかを考えた方が良いのでしょう。

 

実際に手の消毒が欠かせない職場の方の
手荒れのご相談もあるように
皮膚の常在菌を殺し過ぎることで
皮膚の免疫も正常に働かなくなります。

 

かたや一方では
プロバイオティクスといったヨーグルトをはじめ
菌活といった言葉があるように
発酵食品ブームでもあります。

 

殺菌、抗菌といった清潔志向のアンチバイオティックから
良い菌増やして悪い菌を抑えようという
プロバイオティックの時代になるといいですね。どんな分野でも2極化が進むと言われていますが
健康面でも悪いと言われるものをすべて駆逐するか
うまく共存するか、問われているのかもしれません。
ですが、すべて駆逐した先には私達の命もないのですから
共存する道を選択する時期に来ているのです。

なりたい自分になるためには?

健康でいたい。
不調を改善したい。
肌をキレイにしたい。
痩せたい。
思い描くような人生を生きたい。

 

それには
目に見える身体と目に見えない心のメンテナンスが必要です。

例えばそれは、
外側から与える物、してもらうだけのものではなく
自ら変えていくことが重要です。

 

身体なら
サプリメントや自然療法、エステをうけるだけでなく
自分の日々の食事、休息、姿勢や運動といった
生活習慣を変えていくこと。

 

心なら
癒しとか一時のストレスケアだけでなく
身体と同じように考え方、捉え方、視点、
感情の扱い方、生き方そのものを変えていくということ。

 

そのためのツールとして自然療法はあると思うのです。
どうしても自分で変えられない時に
お手伝いをするためにこのサロンはあります。
肉体という器のケアから
精神、感情、心という名の目に見えない自分のケアまで
全てできるように揃えました。

 

なりたい自分になるには
ある意味今までの自分を打ち破り、変化する勇気も必要。
そして、どんな方でも
その勇気さえも自分の中にしっかりと持っています。

 

肌をきれいにする、
痩せるといったことですら
そういう目に見えない自分を変えることが
大きなウェイトを占めてくるのです。

 

なぜなら、感情や心といった目に見えないものが
自律神経を支配し、ホルモンバランスまでも
コントロールしているのですから。

身体が良好な人は
前提に必ず心や感情が安定し良好な人なのです。

アトピーとフラワーエッセンス

アトピーの裏側には必ず心の在り方の問題も潜んでいます。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

salon-musubi.hatenablog.com

 

では、その心の在り方をどうしたら良いかという時に

フラワーエッセンスが役立ちます。

 

フラワーエッセンスとは花や植物の波動水

エネルギーを水に写し取った物。

それを基本飲みます。

 

こういうと、怪しいって思う方もいらっしゃいます(笑)

そんなもので効くのかと。

 

私もフラワーエッセンスと出会った時は実は半信半疑でした(^_^;)

出会ったのが仕事でなければきっと使わなかったかもしれません。

ですがそのおかげで、このフラワーエッセンスが

どれだけ効果があるのかを身をもって知りました。

 

今だから、なぜ効果が出るのかも説明できます。

細かい説明は今は省きますが、

目には見えない世界のものだからこそ、

目には見えない感情に直接働きかけるのです。

 

私のアトピーを改善したのはバッチフラワーレメディの

*パイン(罪悪感、自分を非難する心、失敗を過剰に悩む)

*ロックウォーター(完璧主義、自分に厳格、喜びの否定)

*クラブアップル(自分への嫌悪感、小さなことへのこだわり)

*セントーリー(受け身、自分が信じられず他人の言葉に従う)

 

自分の感情に気づき、手放すための自然の恵みです。

 

ただ安易に薬のように飲むのではなく

自分の心の中にどんなネガティブな気持ちが根を張っているのか?

それに気付いて、気持ちを受け入れて、見つめて手放す。

その作業をスムーズに行くように手伝ってくれるのが

フラワーエッセンスなのです。

 

ですから、どのエッセンスなんだろうと選ぶところから

すでに癒しが始まるのです。

 

私の場合はこの4本でしたが、

人によって選ぶものが変わってきますので

何を選んだらいいのかわからない方はご相談くださいませ。

こわ~い食べ物のお話

ある実験を実演で見せてもらい、
考えさせられました。

写真は有名なクッキーのお菓子。
これを火で燃やします。
左が燃えた後、右が燃やす前。



f:id:musubi-from-h3:20170629110325j:plain



燃えたはずなのに、
そのまま形が残っています。
熱で縮んだだけのように見えますが、
その通りなんです。

なぜか?
化学薬品で作られているから燃えないのです。
要はプラスチックみたいなものなので。

考えただけでぞっとしませんか?
知らず知らずのうちに口にしている物が
食べ物のふりをしているだけだったりします。

当然消化されませんが、
身体は必死に分解しようとして酵素を浪費します。
そんなことになれば、
体は生きていくための酵素
とっておくことができないので、
体の機能を維持したり、再生したり、修復したり
必要なものを作れなっくなってしまうのです。

元氣になりたい人は
自然な食べ物を食べましょう(*^_^*)

大人アトピー回復に必須なものは?その4

大人アトピー回復に必要なものをお届けしてきました。

 

その1 体に溜まった不要な物質を外に出す

その2 回復に必要な栄養素を摂る

その3 避けるべき食べ物を知る

 

そして、今回最後は心の在り方です。

 

身体と心はつながっています。

だとしたらアトピーも心の根っこがあるのです。

 

いくら食事に気を付けても、

使う日用品やお水に気を付けても、

良いと言われるどんな物を試しても、

一時期は良くなるのに、またアトピーが出てしまう・・・

そんな方は、自分の心にネガティブな感情が意識できないほど

無意識レベルで根付いていないか?

一度、心の中を観察してみてください。

 

アトピーの方に多い感情や心の在り方】

 

自分の感情にふたをして、我慢するのが当たり前になっている

 誰かの迷惑になることに耐えられず、人に甘えることができない

 

子供の時に、子供らしくわがままをいう事よりも

 人間関係に非常に気を使って、周りがうまくいくよう調整役を担っていた

 

誰かのために良い子でいることが多かった

 

自分に価値観を見い出せず、自己否定感や自己評価が低いため

 常に人の役に立たなければいけないという強迫観念がある

 何でも自分が悪かったんだと責めがち

 

以上のような心はアトピーとしての症状を持つ方に共通してある

心の在り方です。

 

感情と臓器の働きは経絡を通して密接につながっています。

氣の流れである経絡でいうならば

これらの感情はすべて大腸・肺経に影響するので

そこが滞り、その機能が滞るとアトピーやアレルギーが起きやすいともいえます。

腸は皮膚の鏡であり、肺経は皮膚と直接かかわりのある経絡だからです。

 

肉体的なダメージであっても、心の在り方からくるダメージであっても

傷つく場所が同じため、同じ症状が出ます。

 

私自身が、自分の価値を認められず、

こんな自分ではまだまだ役不足で、

常に人の役に立つにはもっと勉強しなければと

ずーっと走り続けてきたのは、この感情があったからですし、

実際にフラワーエッセンスや精油を用いることで、

自分の内面に気付いたから、

食改善でこれ以上肌が改善できずに悩んでいた時に

短期間で肌がきれいになり、お腹まで絶好調!になりました。

そう思っていた気持ちに気付き、手放すことができたからです。

 

大事な事なので繰り返しますが、

食を変えて整える事、環境を見直すこと、

生活リズムを整えることも大事です。

ですが、原因をそこばかりに追究すると、改善しない時に苦しみます。

 

症状を何かのせいにしたいだけですから・・・。

だから、これだけやっているのに何で良くならないのか?

まだ、やりたりないのかとストイックに自分を責めることになります。

厳しい言い方ですが、
何かのせいにしたいくらいにアトピーは苦しい症状なわけです。

 

しかし、これは良く考えると

「自分のせいだ」というのも何かのせいにしているのと同じ事なのです。
「出来ていない自分」「だめな自分」と言う物を分離してみる事によって
そしてその「自分」を悪者にすることによって
「本当の自分」が救われたいという防御反応です。

 

まずは、自分自身を見つめてみる事が大切です。
見つめて気づいて、その後

一番大事なのは、「何も責めない」

 

アトピーの人は、気づいたら責めがち(笑)

またこんな自分がいけないんだって。

でも許してください、そんな自分の心を。

 

どうしても手放せない人、許せない人は

そういう時は自然の恵みや人の手の力を借りればいいのです。

 

フラワーエッセンスも、精油

どうにもならない感情や心を穏やかに開放してくれます。

結のボディコースでは身体の歪みや不調のバランスを整えながら、

同時に氣の滞りを整えていくので、肉体と心と氣の3つの面から

ケアできるため、不調や体質を変えていきます。

 

自立したセルフケア+どうにもならない時の特別ケア。

両方をご提供できるようにしているのはそのためです。

そのためのトータルケアサロンです。

 

アトピーで苦しんでいる方が

私自身が救われたように、一人でも早く良くなることを願っています。

大人アトピー回復に必須なものは?その3

逆にアトピーの時に摂ってはいけないものがあります。

 

特に、腸壁と腸内細菌にダメージを与える物!

そして、体内に炎症を引き起こしやすい物!

 

具体的には

 

食品添加物、農薬を多用している食品

ファミレス、ラーメン屋、ファストフードなどの外食、

スーパー、コンビニ、冷凍加工食品などの食品。

 

トランス脂肪酸を使った食品

マーガリンやショートニング、植物油脂といった、

植物油に水素添加をし固体にしたもの。

その際に起こる化学変化が問題とされています。

安価で扱いやすいため、パンやお菓子、揚げ物、カレールー他

何にでも使われています。

専門家は食べるプラスチックだと称しています。

 

細胞膜の成分でもある油脂が似て非なるトランス脂肪酸のものに

置き換わると、正常に細胞が働かくなります。

そうすると肌バリア機能も落ち、刺激に弱い肌になるとも言われています。

現代人は10%がすでにトランス脂肪酸に置き換わっているとも!

 

③医薬品、薬品

 

遺伝子組み換え食品

日本で承認されて流通している物。

・ダイズ
・トウモロコシ
・ナタネ
・ジャガイモ
・綿実
・てん菜
アルファルファ
・パパイヤ

これらのうち主に流通しているのは、とうもろこし、大豆、菜種、綿実の4種類。

この8品目と、これらの作物を主な原材料とする32種の加工食品(豆腐・納豆・みそ・きな粉・コーンスナック菓子・ポップコーンなど)に遺伝子組み換え表示義務があります。

しかし日本の現在の法律では

・ 主な原材料(原材料の重量に占める割合が上位3番目以内)にしか表示義務がなく、含まれる量が5%未満であれば「非遺伝子組み換え」と表示できます。 
・組み換えDNA、およびそれによって生成したたんぱく質が残らないものにも表示義務がなく、油や醤油などはGM作物の使用は表示されません。

・肉、卵、牛乳、乳製品など遺伝子組み換えのエサを食べて育った家畜品
・サラダ油、植物油、マーガリン、ショートニング、マヨネーズなどの油類
・醤油
・コーンシロップ、果糖、ブドウ糖などの糖類
・その他に、コーンフレークや醸造酢、醸造用アルコールなど

日常の様々なものに入り込んでいるのです。

 

以下より転載

世界で一番 遺伝子組み換え食品を食べているのは日本人!市場に出回る危険な遺伝子組み換え作物の実態

 

⑤精製糖(白砂糖)、精製穀物とそれを製粉したもの。

甘みのあるものは基本避けた方が良いです。

血糖値が上がりやすい物は血行不良にしやすく、炎症を起こしやすいためです。

米粉ならグルテンもないし安全と言われますが、

粉ものは血糖値を上げやすいので、意外とかゆみが増しやすいです。

 

⑥食べ過ぎ、良く噛まないこと

未消化のまま腸内に溜まった食べ物は毒素となり

腸壁を傷つけます。

また、腐敗すれば腸内細菌のバランスも崩れます。

 

これらすべてをパーフェクトにこなす生活は最初は大変ですが、

まず余計な添加物を使っていない良質な調味料を選ぶこと、

粉ものをやめて玄米もしくは雑穀ごはんを選ぶこと、

発酵食品やお野菜、生の物を増やしていきます。

できる所から変えていきましょう(*^_^*)

 

そして最後、大人アトピー回復に必須なものは?その4は

心の在り方です。