読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある自然療法セラピストの独り言

結musubiの店主が実体験をもとにご提案する体と心と魂のための健康のアレコレ。

facebookページでも随時情報発信しています。 https://www.facebook.com/sizenryouhou.musubi/

心は気づいた時が旬!その2

心・感情・魂

次にステップアップするなら、

 

視点をずらす

 

主語を私はではなく、相手なら、私達なら、知らない第三者なら

その状況を見てどう思うか?を考える。

もし、過去の出来事だったら書き出してみる。

 

例えば、会社で同僚に出会って、嫌な事を言われたとする。

 

<私は>同僚に嫌なこと言われた!(怒)

 

<同僚は>なぜ、嫌な事を言ったのだろうと考える。

もしかしたら、上司に怒られたのかもしれない。

もしかしたら、奥さんの体調が悪い中、出社していて

早く帰りたいと焦っているのかもしれない。

もしかしたら、通勤途中でついてないなと思うような

不運に見舞われたのかもしれない。

それだったら、ただの八つ当たりかもしれない。

もしくは、罵詈雑言が当たり前の家庭に育ったので

本人にしてみれば、嫌な事ではなく普通のことなのかもしれない。

 

そう考えたら、ちょっと許せるかも(笑)

 

<第三者は>私と同僚のやりとりをみて、どう見えるだろうと考える。

もしかしたら、私の仕事がとろくて同僚がイライラしてるように見える

のかもしれない。

もしかしたら、上司に怒られた同僚が八つ当たりをしているように見える

のかもしれない。

 

そう考えたら、原因は自分にあるのかもしれないし、

相手にもあるのかもしれないと思える。

 

自分視点の真実は1つでも、

他人視点の真実は自分と同じじゃないかもしれないし、

つまり、人の数だけ真実はあるのです。

 

嫌な事言われたらすぐにカッと怒らずに一呼吸おいて考えてみる。

そうすると、本当は怒らなくていい事なのかも。

そしたら嫌な気分になることもない。

 

目の前に起きた出来事にどうリアクション(感情)するかは

自分で決めることができるのだ!

 

でも、筋肉をつけるにはトレーニングが必要なように

心も鍛えるには、やはりトレーニングが必要。

いつでも気持ちをさっと変えられるような

自分であればいいのだから。

 

それでも、どうにも変えられない時は、

寝る。

コメディーを見て笑う。

心が動かされるような感動する映画を見る。

ウィンドウショッピングを楽しむ。

美味しいご飯を食べる。

温泉に行く。

スポーツに打ち込む。

趣味に没頭する。

アロマの香りでリフレッシュする。

フラワーエッセンスで感情ケアをする。

お散歩に行く。

好きな音楽を聴く。

心と体の氣の通り道を整える結のエステを受ける(笑)

 

そうやって嫌なネガティブ感情を引きずらない(*^_^*)

これがうまく出来るようになれば、人生の半分くらいは快適になる!