読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある自然療法セラピストの独り言

結musubiの店主が実体験をもとにご提案する体と心と魂のための健康のアレコレ。

facebookページでも随時情報発信しています。 https://www.facebook.com/sizenryouhou.musubi/

生きることって何?

肉体という乗り物に乗って

人は魂の成長を目的として生きる。

 

魂の大きさも成長度合いも人それぞれ。

大きい人もいれば、小さい人もいる。

それが良い悪いではない。

成長度合いの差。

 

肉体と同じで

大人だから良いとか子供だから悪いとかないように

各自が魂を成長させるために、どの乗り物に載って

旅をして経験値を稼ぐか決めて生まれてきた。

 

人にとって経験することは最大の喜びになる。

どんな楽しい経験も、嬉しい経験も、幸せな経験も

悲しい経験も、つらい経験も、残酷とすら思える経験も

どんな経験も最高の宝物。

 

だから人は感情をもって生まれてきた。

全てを味わい経験するために。

 

過去の経験は過去の記憶の中にしかないもの。

未来の経験は未来のもの。

 

今日、今、この瞬間に味わうものが全て!

 

過去にとらわれても、未来にとらわれても意味がない。

 

つらいってどういう事?

喜びってという事?

悲しいってどういう事?

幸せってどういう事?

楽しいって、

嬉しいって、

わくわくするって、

腹立たしいって、

イライラするって、

不満って、

満足って、

感謝って

どういうこと?

 

同じ出来事でも、人によって違う経験。

10人いれば、10通り、100人いれば100通りの経験値になる。

それぞれの感情の大きさも、感じ方も

魂の成長度合いによってさまざま。

 

子供は不幸?

子供だと悪い?

子供だと劣ってる?

そんなことないですよね。

 

子供はこれから学んで育つだけ。

 

だから、魂が大人な人と比べて

自分はまだ幼いと自己卑下する必要ないですよね?比べる必要もないですよね?

 

だって、今できなくても

これからできるようになるし、

出来なければ練習すればいい。

赤ちゃんだって転びながら立つこと、歩くことを学んで

自ら動けるようになるのと同じ。

 

転んだからと言って立つことを挫折したり

歩くことを諦めた赤ちゃんは誰一人としていない。

諦めないのは生きる本能だから。

 

けれど大人になったからと言って諦めてしまうのですか?

自分の学びのためなのに、他人や環境に左右されて

辞めてしまうのですか?

 

でも、人生の旅に決まりはない。自由。

辞めちゃうのもありだし、

別のタイミングにするのもありだし、

逆境に耐えてやり抜くのもあり。

 

そういう意味で一番やっちゃいけないのは

人の経験のチャンスを潰すこと。

 

やらせない。

決めつける。

甘やかす。

もちろん、人殺しも。

思いやりと優しさは過保護とは違う。

 

そして、自分の経験を否定すること。

自らのチャンスを潰す、自殺。

 

大事な宝物なのに、傷つけるのは

財産を捨てて、魂の成長を止めるのと同じ。

せっかく生まれてきたのに。

 

赤ちゃんは親が作って生んだのではない。

子供自ら生まれたくて、最適な親を選んで生まれてくるのだ。

この地球上に人として生まれてきたどんな人も

時には、生まれてこなければよかったと思えるような経験ですら

全て自分が選んで生まれたくて生まれてきたのだ。

 

だから、人生を味わうのだ。

自分がどのように感じているのかを感じて。

感じてみたい人生を死ぬまで作り上げながら経験していくのだ。

それが生きること。